コラム 法人

Jクレジット制度とは?活用方法について紹介

Jクレジット制度とは?活用方法について紹介

Jクレジット制度は、少し複雑な制度になっていますので、まだまだわからないという人がいるかもしれません。

似たような制度に、民間が運営しているグリーン電力証書や非化石証書などがありますが、J-クレジット制度は、国が運営しているものになります。

今後はどの企業にとっても、かなり重要な制度になってくることでしょう。
そんなJクレジット制度をできるだけ簡単にご紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

Jクレジット制度とは

Jクレジット制度というのは、省エネルギー関連の機器を導入したり、森林増加の促進することによって、二酸化炭素を中心とした、温室効果ガスの排出量や吸収量の増加に貢献した人たちに対して、国がクレジットを認めるというものです。

また、Jクレジット制度によって、クレジットを創出する人がいるのに対して、創出されたクレジットを利用する人たちもいます。
つまり、Jクレジット制度によって、クレジットを創出した場合、そのクレジットを売れるようになっているのです。

Jクレジット制度の意味

Jクレジット制度は、環境負荷の低い商業活動を積極的にするためのものだといえるでしょう。
だからこそ、環境負荷の低い発電方法などを導入した企業は、クレジットを創出できます。

そもそも、環境負荷の低い商業活動をするといっても、そのためには大きな設備投資が必要です。
企業によっては、そういった投資をする体力がないところもあるでしょう。
しかし、Jクレジット制度を利用し、クレジットを売ることで得た利益を、設備投資分の費用に補填できるのです。
これによって、より環境負荷の低い商業活動を実施しやすくなることを目的としているのです。

また、最新のそういった設備には、従来のものに比べると、ランニングコストを著しく減らせるようなものもありますので、経費節減のメリットを得られる場合もあります。
また、こうしたクレジットを購入する企業についても、意義はあります。

企業活動をする上で、削減できる二酸化炭素もあれば、決して削減できない二酸化炭素もあるでしょう。
そして、それは事業によっても異なってくるはずです。
二酸化炭素を減らしやすい事業もあれば、そうではない事業もあります。
そうした二酸化炭素を減らしにくい事業をしている企業が、意識的にJクレジットを購入するすれば、間接的に環境負荷の低い商業活動推進に貢献することになるのです。

こういった考え方は、カーボンオフセットと呼ばれるものになります。
そのため、Jクレジット制度には、カーボンオフセットの機会を提供する意義もあるでしょう。

Jクレジット創出のメリット

ここでは、Jクレジット制度を利用して、クレジットを創出する具体的なメリットについて紹介します。

売却益を出せる

クレジットを創出することによって、それを売却できますので、売却益を出せます。
これによって、Jクレジットを得るために利用した投資費用を回収できるでしょう。

環境保護をアピールできる

Jクレジット制度は、環境保護を実施している企業を優遇するような意味合いの制度でもありますので、それをアピールできるでしょう。
また、Jクレジット制度に積極的に取り組むことによって、社員の環境に対する意識が高くなるというメリットもあります。
場合によっては、プライベートで社員が積極的に環境保護をする可能性もあるのです。

Jクレジット購入のメリット

ここでは、Jクレジット制度を利用して、クレジットを購入する具体的なメリットについてご紹介します。

環境保護をアピールできる

企業によっては、どうしても二酸化炭素の排出量を減らせない場合もあります。
そうした企業は、一般市民からやり玉に挙げられてしまう可能性もあるでしょう。

しかし、Jクレジット制度を利用することで、そうしたリスクを緩和できます。
Jクレジットでカーボンオフセットを実施すれば、それだけ人々の評価も変わってくるでしょう。

企業評価の向上

創出されたクレジットの購入によって、損失が発生しますが、必ずしもこれを損失はとはいいません。
なぜならば、企業評価の向上に貢献してくれる可能性があるからです。

環境に対して強い意識をもった企業に対して、高い評価をムーブメントができあがりつつあります。
その結果、商品の売り上げが高まることも考えられますので、Jクレジットの購入は、先行投資と考えることができます。
これも大きなメリットだといえるでしょう。

商品に付加価値を加えられる

クレジットの購入によって、商品に付加価値を加えられます。
なぜならば、カーボンオフセットをしていることを全面的にアピールできれば、それだけ人々の評価が上がります。

こういった環境への配慮によって、消費者は値段や商品のよさのほかに、環境に対する意識は高いなどの評価基準の観点からも評価される可能性があります。
その結果、こうした取り組みをしている企業については、優先して買おうと思ってもらえる可能性もあります。