料金プラン
(選べる3つのプラン+再エネ)

固定プラン(安定型)

固定価格なので安心!

年間を固定価格

安定したプランをお探しの方におすすめ!
年間を固定価格、かつ最安値水準で提供可能!

こんな法人様にオススメ

・電気料金が高く、切替先を探している法人様。
・不安定な国際情勢もあり想定外の価格高騰に備えたい法人様
・2021、2021年の電力高騰を経験されたお客様がその反省を踏まえ、安定経営のために市場価格に左右されない安定したプランが必要な法人様。

【多彩なプラン】
現在ご契約の一般的な固定プラン 。
完全固定プラン(国際情勢や市場価格に左右されない価格ヘッジ機能)。
価格変動が激しい燃料調整費が0円のプランもあります。

半固定プラン(バランス型)

2つのプランのいいとこどり!
固定プランと変動プランのミックスで安心!

半年間を固定価格

夏冬の電力価格の高騰期は「固定価格(価格ヘッジ機能)」!
春秋の電力価格の割安期は「変動価格」!
夏冬の「高騰リスク」を排除しつつ、春秋の「安い価格」を享受!

市場価格が安い春秋は市場連動価格で、夏冬の固定価格は業界最安値水準で提供するので、全体的に費用を抑えることが可能。

こんな法人様にオススメ

・変動プランは魅力的だが、市場連動型100%のため電気料金高騰リスクが不安な法人様。
・2021・2021年の電力高騰を経験されたお客様がその反省を踏まえ、安い価格を享受しつつも想定外の高騰に備えたい法人様。

変動プラン(積極型)

季節、時間帯でおトク!

年間を変動価格

市場価格は「春秋が割安」な傾向!
市場価格は「昼が割安」な傾向!

こんな法人様にオススメ

・市場価格が割安な傾向の「春秋」や「昼」に使用量が多い法人様。
・想定外の電気料金高騰リスクより、電気料金が安くなる「可能性に賭けたい」法人様。

【市場連動型100%の注意点】
「夏冬」は想定外の国際情勢や不測の事態により突発的に市場価格が高騰する場合があります。
市場価格に「100%連動」するため、2021・2022年のように電気料金が高騰する場合がございます。

再生可能エネルギー(将来投資型)

3つのプランに環境価値を付与!

再生可能エネルギーを提供

通常電力である3つのプランに環境価値(非化石証書)を付与することで、実質再エネ100%の電力として取り扱われます!
環境価値に加えて、コスト見直しを検討されているお客さまにも好評です!

こんな法人様にオススメ

再エネ100%電力の導入、CO2排出係数ゼロを達成したい法人様。
・取引先や自治体から再エネ導入の要請がある法人様。
・RE100や温対法、CDPなどへの報告に活用したい法人様。
・RE100、温対法、再エネ100宣言 RE Action、CDP、SBT、CSR活動、ESG対策、SDGsのアピールに活用したい法人様。
・店舗や事務所、ホームページなどで取り組みをアピールしたい法人様。
環境配慮に取り組みたい法人様。
長期的に安定した再エネ導入を図りたい法人様。
・経営計画や予算等に沿って、例えば「再エネ比率40%」など比率調整を行いたい法人様。
・先を見据えた環境対応による新規受注の拡大や、後手に回ることによる契約打ち切りのリスクに対応したい法人様。

供給イメージ

非化石証書のサンプル

環境価値

特徴

「環境価値(再エネ価値)」の販売

電力会社の変更不要、「環境価値」のみ販売

電力会社を変える必要なし
これまで同様、現在の電力会社で電力をご購入ください

「環境価値」のみ販売いたします
「再エネ100%電力の導入・CO2排出係数ゼロ」を達成できます

長期的に安定した環境価値を提供
大規模な再エネ発電所(全天候型)により、将来にわたり安定した環境価値の提供が可能

脱炭素経営の中でも取り組み易い「環境価値証書」の購入

取組例
低炭素車・機材の導入
食品ロスの削減
省エネ施策への取組み
太陽光の導入
再エネ電力の購入
「環境価値証書」の購入

こんな法人様にオススメ

現在の電力会社がお得
だから契約変更したくない

イベントや建設工事現場の時だけ再エネ電力を使いたい
でもその時の為だけに契約なんて変えられない

値上げの影響で最終保証契約に
やむを得ず最終保証契約に変更したから環境価値が無くなってしまった

契約変更をすると違約金が発生
だから容易に変更できない

管理者が一括契約しているため
オフィスビルの他の入居者の兼ね合いもあり契約の変更ができない

契約していた電力会社の事業撤退で最終保証契約に
やむを得ず最終保証契約に変更したから環境価値が無くなってしまった

環境価値とは(再エネ価値)

再生可能エネルギー =「電力+環境価値」が存在します。

再生可能エネルギーの環境価値は一旦分離され、非化石価値取引所で売買されます。
これはエネルギー供給構造高度化法の目標達成を後押しするため、再エネ発電事業者の支援を目的とし環境価値を証書化(非化石証書)し取引することによってメリットを付与します。

環境価値は正式には「非化石証書」と呼ばれます。

電力に環境価値を付与することにより、実質的に「再エネ100%電力の導入・CO2排出係数ゼロ」として扱うことが可能となります。

環境価値(再エネ価値)の導入比率は経営計画・予算等に沿って、例えば「再エネ比率40%」など比率調整も可能です。

「RE100、再エネ100宣言 RE Action、CDP、SBT、温対法、CSR活動、ESG対策、SDGsアピール」に活用可能。

現在の電力会社やプランに変更なし
「環境価値」のみ購入
「再エネ価値の導入、CO2排出係数の削減」を達成
非化石証書のサンプル