会社情報

発電所関連事業

1999年の創業以来、自社発電所からはじまり提携発電所や東京電力、卸電力取引所からも電力を調達し経済的なベストミックスを行うことにより、長年にわたり全国のお客さまに競争力のある電気をお届けしてきました。

これからは上記に加え、国内トップクラスのバイオマス発電事業者として再エネ電力である自社大型バイオマス発電所を軸に、脱炭素社会の実現に向けて環境に優しい電気もお届けしてまいります。

発電所 一部紹介

2001年04月「宮崎県の発電所」を電源とし供給開始
2001年11月「茨城県の発電所」を電源とし供給開始
2002年07月「大分県の発電所」を電源とし供給開始
2003年10月「広島県の発電所」を電源とし供給開始
2004年04月「茨城県の発電所」の供給量増量
2004年06月「千葉県の発電所」を電源とし供給開始(出力112,200KW・コンバインドサイクル発電所)
2004年08月「神奈川県の発電所」を電源とし供給開始
2006年06月「福岡県の発電所」を電源とし供給開始
2007年09月「東京都の発電所」を電源とし供給開始(バイオマスコージェネレーション発電所)
2013年06月「土佐発電所(高知県)」が運転開始(出力20,000KW・バイオマス発電所)
2014年06月「山梨県の発電所」を電源とし供給開始
2016年11月「佐伯発電所(大分県)」が運転開始(出力50,000kW・バイオマス発電所)
2020年01月「大船渡発電所(岩手県)」が運転開始(出力75,000kW・バイオマス発電所)
2020年01月「豊前バイオマス発電所(福岡県)」が運転開始(出力75,000kW・バイオマス発電所)
2020年11月「新潟県バイオマス発電所」の共同事業化検討の合意(2025年度中開始予定・出力300,000kW・世界最大級のバイオマス発電所)
2021年02月「坂出林田バイオマス発電所」の環境影響評価準備書縦覧(2023年度中開始予定・出力75,000kW・バイオマス発電所)
2021年04月「水素発電所」の共同事業開発検討(水素発電所)
2020年07月「中城バイオマス発電所(沖縄県)」が運転開始(出力50,000kW・バイオマス発電所)

バイオマス発電のご紹介