コラム 法人

新電力とはどんなもの?

新電力とはどんなもの?

一昔前までは、電力会社は決まっていて、他に参入してくることがありませんでした。
しかし、ここ数年前から、新電力会社が増えています。

一体どんなものを新電力と呼ばれているのかなど、詳しく紹介していきます。

新電力とは?

新電力という言葉をよく聞くようになったと思いますが、電力が自由化されてから新しく参入してきた小売り電気事業者をいいます。
新電力会社は、今やさまざまな会社が増えていて、自分に合う会社も選びやすくなっています。

これまでは電気代が高いと思い、電気会社に不満を感じてしまっても、そこから別の会社に移動ができませんでした。
地域毎にある電力会社は1社しかなかったため(東北なら東北電力、東京であれば東京電力など)我慢して利用するしかありませんでした。
電気のない生活を送るのは現代ではなかなか難しいため、料金が高いと感じていても値下げは難しく、決められた金額を支払っていた方も多いでしょう。

今後は新電力が増えてきているので、お得に利用できる会社を選択できるようになりました。

新電力に参入する事業者にはどんなものがある?

最近では、どこの会社を選んだらいいのか迷ってしまうほど、さまざまな企業があります。

元々エネルギー産業をしてきた事業者

電気に近いガスや石油会社など、エネルギー産業に携わってきた企業はこれはチャンスととらえ、新電力として参入しています。

ノウハウなどもエネルギーに対して強いため、自前の発電所を持っている企業もあります。
ガスや石油だけでの売り上げにプラス電気料金も加わることで、事業者としても助かるでしょう。

再生可能エネルギー産業の事業者

こちらも地球の温暖化などを配慮して再生可能エネルギーを利用しているため、新電力への参入を行っています。
最近増えている太陽光や風力などの発電を行っている企業も、電気を提供しています。

顧客にも共感して使用してもらえるように、環境への配慮や省エネに取り組んでいることを前面に出していきながら、ほかの企業とは違うと宣伝しているところも多いです。

通信産業の事業者

普段からスマートフォンやパソコンは必需品になっているため、手放せないという方も多いのではないでしょうか。
実は携帯電話やインターネットのプロバイダー会社も、続々参入してきています。

電気料金も毎月のように支払いがありますが、通信費も同じなため、違和感なくセットで使用してもらいやすいと考え、参入している通信事業者も多いです。
少しでも他社との違いを感じてもらうために、料金プランには力を入れています。

スマートフォンやパソコンの料金プランと一緒に電気を使用すると、〇〇円引きになるなど、お得なキャンペーンを行っている企業も多いです。

家電量販店や住宅メーカーも参入している

主には先程まで挙げた3つが主ですが、さらに最近では大手の家電量販店や住宅メーカー、ほかにも鉄道会社など、普段から信頼をおいて利用しているサービス関係の会社が電力を販売しています。

新電力にして実際今までよりも安くなった人が増えている

これまでは使用する金額が決まっていて、比べる会社もなかったため、いわれたままの金額を支払うしかありませんでした。
しかし新電力になってからは、皆自分たちの会社を利用してほしいという気持ちから、毎月のプランの値下げを行っています。

とくに切り替えたばかりのときには、基本料金を3カ月など期間を決めて、無料にしているところも多いです。
まずは自社の電力を使ってもらい、普段と変わらず使えるというのを知ってもらうためにも、安くしています。
その後は基本料金を支払うことになったとしても、今までよりも安くなり、年間の支払額が変わったという方も多くいるのです。

競争させることで、企業側も自社の利益だけでなく消費者に選んでもらえるように、サービス内容や料金プランの工夫をするため電気料金を最大限抑制できます。

事業者としてもビジネスチャンスが広がる

電力はほとんどの方が使うもので、なくなってしまったら、生活に困ってしまいます。
毎日の必需品でもあるからこそ、ビジネスチャンスとしても大きいのです。

これまでは限られた11社の電力会社が独占していましたが、今後はさまざまな企業が参入し自分たちのサービスを魅力的にして、お客様に利用してもらえます。

ほかの事業をメインとしていても、新電力にも参入することで、企業としてのトータルの売り上げを上げることも可能です。
さらに大手でなくても参入できるため、あらゆるジャンルの企業にビジネスチャンスがあるともいえるでしょう。

まとめ

新電力会社として企業としてもビジネスチャンスが広がり、さまざまな企業がサービスを充実させ競争してくれることで、消費者もこれまでよりもお得で充実したサービスを受けられます。

皆にとってメリットも多いため、さまざまな新電力会社と現在の電力会社を比較して、自分によりお得でピッタリなプランに切り替えるといいでしょう。