コラム 法人

水素エネルギーとは?水素エネルギーについて詳しく説明

水素エネルギーとは?水素エネルギーについて詳しく説明

水素エネルギーという言葉は聞いたことがあるけれども、実際にはどのようなエネルギーかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回は水素エネルギーについて詳しく説明していきます。

水素エネルギーについて

水素エネルギーは、名前の通り、水素由来のエネルギーであることがわかるはずです。
近年では、水素エネルギーの需要が高まってきています。
その大きな理由が、脱炭素にあると言えるでしょう。
脱炭素を達成するためには、従来型のエネルギーに頼り切った状況を払拭する必要があります。
そして、そのために注目されているのが水素エネルギーというわけです。

具体的に水素エネルギーがどのように活用されるのかといえば、まずは燃料電池自動車が考えられるでしょう。
これは水素エネルギーを使って走る自動車です。
水素を酸素と化学反応させることによって発電をするというものです。
この水素自動車の良いところは、これまでのガソリン車のように排ガスを排出するのではなく、水を排出して走ります。
水に害がないことは多くの人が周知の事実で、このようにとてもクリーンな自動車になっているというわけです。
また、この自動車に水素を供給するために、水素ステーションという構想もあります。
つまり、ガソリン車におけるガソリンスタンドのような存在で、このような水素ステーションを各所に設置することによって、より脱炭素を進めようとしているのです。

家庭用燃料電池

水素エネルギーが使われるのは自動車だけではなく各家庭での利用も考えられています。
それが家庭用燃料電池で、エネファームと呼ばれるようなものです。
LPガスや都市ガスから水素を取り出すことができます。
そして、その水素を使って発電をしようというものです。

発電する際には熱が発生してしますので、この熱エネルギーについても有効利用して、給湯などに使われることになっています。
エネファームの利点は、家庭のすぐそばで発電ができるので、電気事業者が負うような送電コストがありません。
また、水素を使ったエネルギーなので、従来型の発電や給湯設備に比べると、かなりエコなシステムであることがわかるでしょう。

家庭用燃料電池

水素自動車は非常用電源としても使える

水素エネルギーは非常用電源として利用価値の高さが注目されています。
水素自動車は、いわば自家発電装置のようなものです。
燃料電池自動車という言葉からもわかる通り、自分自身が発電することができます。
そして、災害などの非常時には、このような自動車を複数台用いて、電源車として利用することができます。
特に営業車などを複数台持っている企業の場合には、非常時にそれを地域住民のために電源車として活用するような計画をしておけば、これはまさにカーボンオフセットの考え方にも通じるものではないでしょうか。
社会貢献の一環にもなりますので、その企業の世間からの目も良くなるでしょう。
燃料電池自動車は、電源車としてはかなり強力なパワーを持っていて、水素が満タンの状態だと、一般家庭で1日に使う電力なら7日分くらいは賄うことができるのです。
日本くらいの先進国ならば、7日間あれば十分に救援を期待できますので、その間は電気に不自由なく暮らすことができるというわけです。

また、一般の自動車だけではなく、バスに水素エネルギーを利用するような商品も開発されています。
大型のバスになれば、一般的な自動車に比べて、さらに多くの電力供給が可能になるでしょう。
バスを使ったビジネスをしている企業が、こういった水素自動車の導入に積極的になれば、それだけで災害時の非常電源の確保につながるというわけです。
これもカーボンオフセットな考え方の一つだと言えるでしょう。

水素エネルギーの課題

ここでは水素エネルギーの今後の課題について考えてみます。
たとえば、家庭用燃料電池については、まだまだ高額なことが現実です。
以前までに比べると、そこまで手が出せない金額ではありませんが、それでも100万円超えと、一般人にとってはかなりの高額となっています。
さらに、家庭用燃料電池はまだまだユーザー数が少ないです。
現状では、水素社会を実現するのにはほど遠いレベルです。

現在のところ、都市ガスが供給されている地域かつ新築住宅に導入されることが多くなっています。
現在は、住宅もかなり売れなくなってきているので、そもそも新築で家を購入する人自体が減っています。
既存の建物に家庭用燃料電池を設置するという状況にはなかなかなりにくいので、こういった部分も課題だと言えるでしょう。

前向きな課題としては、海外展開が挙げられます。
日本は水素エネルギーの活用においては、アドバンテージがあります。
そのアドバンテージを最大限に活かして、海外展開するというものです。
このまま時代が進むと、どんどんほかの国々が日本に追いついてしまいますので、今のうちに海外展開することが重要になってきます。
このように水素エネルギーは洗練された技術ではありますが、まだまだ課題は多くなっていますので、これからはこういった課題をどう解決するかが重要になってくるでしょう。
そして、そのために各企業の協力も必要不可欠です。