コラム 法人

スマートメーターとは?仕組や特徴、メリットについて詳しく説明

スマートメーターとは?仕組や特徴、メリットについて詳しく説明

最近流行りのスマートメーターとはなんなのかを紹介します。
従来の電気メーターに比べると、メリットが非常に多いシステムになっていますので、ぜひ把握しておくべきでしょう。

スマートメーターとは

スマートメーターとは、電気を計測するものです。
これまでも、電気料金などを計測するために、電力計が各家庭・企業に備わっていました。
しかし、スマートメーターは電力計とは異なり、デジタルで電気計測するというものになっています。
デジタルで電気計測することによって、さまざまなことが可能になるのです。

また、メーター交換については、かなり積極的に実施されていて、2024年までにはすべての電気メーターをスマートメーターに変えるという取り組みがなされています。
そのため、すでに自社にはスマートメーターが取り付けられているという方も多いでしょう。

スマートメーターにできること

スマートメーターが従来の電気メーターと比べて、どのようなことができるのかを紹介します。
まず、大きな特徴として、通信機能を備えています。
これまでの電気メーターは、計測のための係員が自宅・企業まで来ている状況でした。
しかし、電気の使用量を通信で知らせることができるので、わざわざ係の人が現場までくる必要がありません。
これによって電気検診の効率化と人件費の節減効果を期待することができるでしょう。

また、導入によって定期的な検診が可能になってきます。
これまでは決められた日数に計測されるだけでしたが、スマートメーターなら30分おきくらいに計測が可能です。
これによって、各家庭・企業の電気の使用量が一目瞭然になり、さまざまなことに利用可能でしょう。
たとえば、電気の使用量を見て、普段と違うので、何か異変があったのではないかと推測することだって可能なのです。

さらに、ブレーカー機能が備わっていますので、安全という意味においても著しく向上しています。
これまで、ブレーカーというのは、宅内・社内に付けられていました。
電気メーターからブレーカーに電線が引き込まれて、そこから宅内・社内の各設備に電線が引かれています。
しかし、ブレーカー機能が備わっていますので、家や会社の外からブレーカーを落とすことが可能になっているのです。

スマートメーターにできること

スマートメーターのメリットとデメリット

スマートメーターの特徴を把握したら、今度はメリットとデメリットを把握してみると良いでしょう。

スマートメーターのメリット

以前の電気メーターの場合は電気料金の計測に係員が来る必要がありました。
これまで各家庭に訪問していた係員に使っていた人件費は、相当なものだったと言えるでしょう。
さらに、これによって人的なリソースもかなり使われていたのです。
それらがスマートメーターによって不要になるということで、より効率的な社会を実現することができるでしょう。

続いて、アンペア数の変更も簡単にできます。
これまでの電気メーターの場合、アンペアの変更は、電力会社に依頼して、工事スタッフに来てもらう必要がありました。
時期によっては、予定が立て込んでいて、なかなか来てくれないこともあったでしょう。
しかし、スマートメーターの場合は、遠隔操作でアンペアを変更できるようになっているので、これまでに比べると、各段にスムーズに変更が可能になっているのです。

さらに、停電の自動復旧機能が備わっています。
これまでのブレーカーだと、ブレーカーが落ちると、自分たちでブレーカーを操作しなければなりませんでした。
しかし、停電の自動復旧機能により、数十秒程度で停電が復帰するような仕組みになっています。
企業の場合、大規模な停電が起こった場合、復旧するのが大変ですが、スマートメーターなら、何もせずとも安心です。

スマートメーターのデメリット

デメリットとしては、防犯上の問題があるでしょう。
仮にスマートメーターが持っているデジタルデータが漏洩したとすれば、各社の状況などがわかってしまう可能性があります。
これを空き巣などの犯行に使われた場合には、被害は大きくなってしまうでしょう。
電気を使っている時間を見れば、会社に誰かいるのか、いないのかがわかってしまうのです。
また、管理する側がずさんならば、スマートメーター以外の部分から情報が漏れてしまうこともあります。

そのため、企業はこういった問題に対するセキュリティ対策をしなければならないというデメリットもあるでしょう。
デメリットはこのくらいで、後は従来型の電気メーターに比べると、メリットばかりが備わっています。
交換についても電力会社が積極的に実施してくれますので、特に気になるところもないでしょう。