コラム 法人

グリーン電力証書とは?活用方法について紹介

グリーン電力証書とは?活用方法について紹介

グリーン電力証書については、今後企業にとって、かなり重要になってくる可能性があります。

なぜならば、消費者は企業の環境意識の差を敏感に察知するようになってきているからです。
また、個人についても、今後のためにグリーン電力証書について学んでおくとよいでしょう。

グリーン電力

グリーン電力証書について理解する前に、まずはグリーン電力自体を理解しなければならないでしょう。
グリーン電力というのは、自然エネルギーを使い発電した電力を指しています。

代表的なものでいえば、太陽光発電や水力発電、風力発電、そして注目が集まっているバイオマス発電などがあります。
また、小規模ですが、地熱発電などもこれに当てはまるでしょう。

そして、グリーン電力と対極の存在として扱われているのが、化石燃料を使った発電方法です。
具体的には、石油や石炭を使ったものです。

ポイントになってくるのは、発電したときにどのくらいの二酸化炭素を発生させるかというもので、グリーン電力の場合は、二酸化炭素を発電時に発生させないという前提のもとで考えられます。

環境付加価値

グリーン電力を知るには、環境付加価値についても知っておかなければなりません。
環境付加価値とは、発電電力に、付加価値を上乗せするというものです。
環境に配慮したものというのが前提なので、化石燃料を節約できたり、二酸化炭素の排出力を抑制できたりするものに対して、付加価値をつけるというものです。
そのため、化石燃料を使った発電方式と自然エネルギーによる発電では、環境に対する付加価値が違うので、同じ電力を起こしたとしても、環境に配慮した自然エネルギーのほうに優位性を与えるものになります。

グリーン電力証明書

グリーン電力証明書は、これはグリーン電力を使用しているという証明書になります。
つまり、このグリーン電力証明書を持っている人たちは、環境への意識が高いことを証明できるのです。

グリーン電力証明書は、民間企業(第三者機関)が発行するものになります。
具体的には、電力とは別に、グリーン電力証明書を購入して、証明書を手に入れられるのです。

グリーン電力証明書のメリット

ここでは、グリーン電力証明書のメリットについて考えていきます。

個人の場合はまだまだ自己満足の部分が大きい

個人がグリーン電力証明書を発行してもらうメリットとしては、グリーン電力を利用して、環境保護に貢献しているという満足感を得るためのものが大きいです。
環境に貢献したいという気持ちの強い人であれば、これは大きなメリットといえるでしょう。

また、エスディージーズによって自主的に目標を定めているような人であれば、それが証明されるのでこちらも満足感を得られます。

企業のメリットは大きい

個人のメリットは自己満足の部分が大きかったのですが、企業の場合は直接利益にかかわってくる可能性もあります。
なぜならば、最近の消費者の動向として、環境保護に対する企業の意識を気にする傾向があるからです。

環境を汚染しているような企業の商品への不買運動なども、今後、大規模に発生する可能性があるでしょう。
逆に、環境保護に力を入れているような企業の商品は、多少値段が高くとも意欲的に購入するといった判断基準もあるかもしれません。
つまり、グリーン電力証明書は、自社商品に付加価値をつけるのにも役立ってくれるのです。

本来は、電力に環境保護の観点からの付加価値をつけるものでしたが、それが拡大して、さまざまな商品に付加価値をつけるまでになっています。

もし、今後こういった取り組みが浸透していくと、グリーン電力証明書を取得しない企業の市民権がなくなってしまうような事態もありえるかもしれません。
さらに、最近ではグリーン電力証明書を広告に表示することによって、購買促進をはかるといった試みも実施されるようになってきました。
また、Jクレジットと呼ばれる制度もあり、これは二酸化炭素を削減した量に応じてクレジットをもらえ、そのクレジットを売却できるという制度です。

個人ももっとお得になる可能性が

グリーン電力証明書という概念は、まだまだ多くの国民に浸透しているとはいえないでしょう。
しかし、今後は人々の意識が高まり、浸透していく可能性は高いので、個人であってもさらにお得になるかもしれません。

具体的には、グリーン電力証明書があることによって、なんらかのお得なサービスを利用できるというものです。
Jクレジットのようなサービスともいえますし、さらに別の何かかもしれません。

今後はグリーン電力証明書といろいろなものが連動していく可能性が考えられて、そうすれば、さらにお得に利用できるでしょう。
そういった期待感をもって発行してもらうのも、面白いかもしれません。