コラム 法人

新電力のメリットやデメリットは何?詳しく解説!

新電力のメリットやデメリットは何?詳しく解説!

最近新電力の会社が増えてきて、今の電力会社から移行しようか悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか。

こちらでは、新電力会社のメリットやデメリットについて詳しく解説してきます。
後悔しないように、選ぶ際の参考にしてみてください。

新電力に切り替えるメリットとは?

先に、新電力にした場合に感じられるメリットについて説明していきます。

今までよりも電気代が安くなる

これまでは電力会社を選べなかったために、安い会社に移行できませんでした。
今はいろいろな新電力会社が参入していますが、皆サービスを充実させ、お客様に喜んでもらおうと必死です。

そのため、電気代が安くなっている会社も多く、お得なプランがたくさん打ち出されています。
高いと感じながら電気を使っていた家庭でも、新電力会社でシミュレーションをしたら安くなって驚くこともあるでしょう。

電気料金は、毎月かかるコストで家計費にも響いているのではないでしょうか。
少し安くなるだけでも、家計費にゆとりが出てきます。

他のサービスと一緒に利用するとさらに安くなる

新規で参入してきている企業は、元々水道事業者であったり、インターネットや携帯電話の通信業者だったりします。
そのため、電気をその業者のものへ変更するだけで、セット割引を適用してくれる企業が多いです。

大々的に携帯電話会社などでは、電気と一緒に利用すると、〇〇円を月々の料金から割引などと行ってくれています。
通常どおりサービスを利用するよりも、一緒にセットで使ったほうが毎月かかる費用も抑えられます。

ポイントが貯まる業者もある

買い物をした際に貯まるポイントは、少しであればそれほど大きく貯まったという感覚がなくても、毎月のように少しずつ貯まっていくと、ある程度まとまったポイント数になります。
同じように新電力会社として参入している企業の中には、ポイントをつけてくれる業者もあります。
しかも、ポイントもさまざまなお店やネット通販などで利用できるため、家計費としても助かるでしょう。

環境問題に配慮した会社も選べる

今利用しているエネルギーは、無限にあるわけではありません。
環境に配慮し、エネルギーを大事に使いたいと考えている方もいるのではないでしょうか。
中には二酸化炭素を排出しない再生可能なエネルギーを利用している業者もあり、料金だけでなく、環境のことも考えて選べます。

電気の質が悪くなるわけではない

新電力会社と聞くと、従来の電力会社と違い、情報が少ないために電気の質が悪くなるのではないかと感じてしまう方もいるのではないでしょうか。
普段よりも暗くしか照らさないなど、何か不具合があったら、確かに困ります。

しかし、電気はすべてどこの会社から購入しても同じ品質で、安いから品質が落ちることは一切ありません。

新電力だから停電することもない

今までの電力会社だと、これまでどおり安定供給してくれるけれど、新電力にした途端停電が起きて、使えない時間帯が発生するのではないかと心配な方もいるかもしれません。
停電はどの会社を利用していても、突然のアクシデントで止まることはあります。
その場合、大手電力会社も新電力も、同じように停電します。

さらに新電力の発電不備の際は、大手電力会社から電力が供給されますので、何かがあっても、まったく使えなくなる心配もありません。

新電力にした場合のデメリットは?

ここからは、新電力にした場合のデメリットについて、いくつか詳しく紹介していきます。

住んでいる建物によって契約できない

一戸建てで自分たちの所有の家であれば契約できますが、賃貸でマンションやアパートを借りている場合は、新電力会社に切り替えができない場合があります。

新電力会社に変えたいと思ったら、住んでいるマンションやアパートの管理会社に聞いてみましょう。
契約の際の書類のどこかにも記載がある可能性があるため、一緒にそちらも確認してみましょう。

民間企業なためずっとサービスが続くかわからない

新電力会社は、他にも別のサービスを手がけている場合が多いですが、全体的な利益が落ちてしまったときには、倒産するリスクがあります。
その場合、電力会社としても倒産してしまい、撤退する可能性も否めません。

しかし万が一そうなってしまったとしても、別の電力会社と契約するまでの間は、大手電力会社がカバーしてくれます。

値上がりするかもしれない

自社の電力を使ってほしいと思っていますので、魅力的な料金プランがあります。
しかし、この料金がずっと続くかというと、実はさまざまな要因で、値上げになる可能性はあります。

万が一大寒波が起きて電気の供給が過多になった場合、不足してしまうため、値上げをせざるを得ない場合があるのです。
安い料金を魅力に移ったものの、その後値上げされてしまい、ガッカリしたというケースも考えられます。

できる限り値上げの影響を受けないような、単価が一定の料金に固定になっているプランを選んだほうが安心でしょう。