コラム 法人

電気代削減するには?電気料金削減方法について詳しく説明

電気代削減するには?電気料金削減方法について詳しく説明

電気代を削減する行為は、地球環境にも優しいですし、自分にも優しいです。
現代人はどうしても電気をたくさん使う生活に慣れていますので、ちょっとした工夫をするだけで、電気代を大幅にカットすることができるかもしれません。
今回は、そのための方法を紹介しますのでぜひ確認してみてください。

リモートワークで電気代は増大

最近は、電気代に関することに悩まされる人は多いです。
まずは、世界的な電気料金の高騰が関係しているでしょう。
同じ電気を使っていても、電気料金に悩まされることになります。

続いて、リモートワークが関係しています。
コロナウイルスによって、自宅で仕事をする人たちが増えていて、そうすると働いていた時に比べると、かなり光熱費がかさむのです。
また、リモートワークといえば、パソコンを使って作業することが多いので、その分の電気代も増えてくるでしょう。
また、冬場や夏場などは、本来職場の快適な環境で仕事をしているところ、自宅でがんがんエアコンをかけながら仕事をすることになるので、目を疑うほど電気料金が高騰している家庭もあるかもしれません。
このような事情になっていますので、電気料金の削減は非常に重要になってきます。

冷蔵庫の節約

家庭の電気を使う電化製品を確認してみると、やはり冷蔵庫は侮れない使用料となっています。
そのため、冷蔵庫の電気節約方法を身につけるのも良いでしょう。
冷蔵庫は各家庭にありますが、室温に合わせて、冷蔵庫内の温度を設定している人は意外と少ないです。
これだけでも節約につながります。

普通に考えて、冬場と夏場の設定温度が同じなのはおかしいのです。
夏は設定温度を低くするのはわかりますが、冬場はそこまで設定温度を低くする必要はありません。

さらに、冷蔵庫は壁に近すぎると冷房効率が落ちると言われています。
冷蔵庫には、適切な放熱スペースが必要になっていますので、壁に近すぎるとこのスペースを確保することができないのです。

また、子供などがいる家庭は特にそうなのですが、冷蔵庫の扉を開ける回数が多いだけでも、電気代は高くなっていきます。
麦茶などの飲み物を取り出す回数が多いと、非効率なので、家族同士で相談をして、回数を減らすと良いでしょう。
また、開けっ放しなど言語道断なので、冷蔵庫の扉のところに注意書きをすると良いです。

料理には粗熱を取るという概念があります。
そして、冷蔵庫にものをしまう時も同様です。
アツアツの料理を冷蔵庫にそのまま入れてしまうと、庫内の温度が一気に上昇します。
それを冷却するために、冷蔵庫が勢い良く働くことになりますので、これによって電気代が高くなってしまうのです。
そのため、冷蔵庫に料理をしまう場合には、ある程度冷めてからしまうようにすると良いでしょう。

最近は、冷蔵庫の性能も高まってきているので、思い切って省エネ効果の高い商品に交換してしまうというのも手です。
また、交換が無理ならば、冷蔵庫のドアパッキンを交換するだけでも電気代は減らせます。
ドアパッキンが劣化した状態になってしまうと、絶えず冷気が外に逃げてしまいます。
これでは冷房効率が悪いので、ドアパッキンを交換して冷気を封じ込めましょう

冷蔵庫の節約

エアコンの節約

夏場は特になのですが、電気代を節約しようと思ったらエアコンの節約は必須です。
夏場の場合は、電気代の多くをエアコンが占めるような状況でもありますので、ここでの節約効果は絶大です。

一般的なのは、風向きや設定温度を変更するという方法があるでしょう。
夏場は設定温度を高くすることや冬場は設定温度を低くしてください。
設定温度がたった1℃違うだけでも、毎日使っていれば、かなりの節約効果になるでしょう。
また、風向きの調整については、部屋全体の熱交換を促すような風向きの場合はそれだけ効率が良くなります。
逆にせっかく冷やしたり、温めたりした風が障害物に邪魔されてしまっては、効率が悪くなってしまいます。
このようなことを考えながら、風向きを調整してあげることでも、節約効果を見込むことができるでしょう。

次にフィルター掃除も大切です。
本来、エアコンのフィルターは定期的に掃除することが重要です。
しかし、人によっては3年間一度もエアコンのフィルターを掃除しないなどの状況の人もいます。
これでは空調の能力が落ちてしまうのが当たり前で、熱交換がうまく行われなかったり、風量が十分に出なかったりして、ただエネルギーを無駄に使っていることになってしまいます。

夜型を昼型に切り替える

電気代を削減するためには、夜型から昼型に切り替えるだけでも効果があります。
夜は、照明が必要になってきますので、どうしても夜活動すると電気代がかさんでしまいます。
さらに、冬場の場合は、昼よりも夜のほうが冷えますので、夜中エアコンをつけているのはとても非効率です。
こうした生活状況を変えるだけでも電気代の節約につながります。