コラム 法人

太陽光発電とは?太陽光発電について詳しく説明

太陽光発電とは?太陽光発電について詳しく説明

太陽光発電は比較的皆さんも知っている言葉だと思います。
しかし、中には詳しい仕組みなどを知らないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は太陽光発電について詳しく説明していきます。

自然を使った利用しやすい安心のエネルギー

太陽光発電は、太陽光のエネルギーを電気に変える仕組みです。
太陽が当たる場所であれば、発電が期待でき、わずかなスペースでも発電が可能です。

同じ自然を使った再生可能エネルギーでも、水力発電や地熱発電、風力発電などは大規模な施設が必要になり、一般家庭や都心部などでの発電設備の導入は難しいでしょう。
しかし、太陽光発電は、一般家庭でも導入しやすく、日本でも長い歴史があります。

低コストで環境に優しい

太陽光発電の設備を導入する段階で機器の購入や設置費用はかかりますが、電気は太陽という自然を用いるため、誰もが平等に使えて、お金を払う必要がありません。
電力会社から購入する電気と比べて、低コストで発電でき、しかも、一般家庭で使われている火力発電所などの石油やガスなどの発電と比べ、二酸化炭素の排出量を抑えることが可能です。

石油などの化石燃料は有限の資源であり、枯渇するリスクもあり、資源量や政治情勢などで価格も変動し、電気料金が値上がりするケースも想定されます。
これに対して、太陽光は晴れた日はいつでも降り注ぐものであり、枯渇することがない、再生可能エネルギーです。

太陽の光を利用するために、費用を払う必要もありません。
太陽は誰の所有物でもなく、仕入れのコストもかからないからです。
太陽光発電で電気を手に入れるようになれば、二酸化炭素の排出量削減により、地球温暖化防止にも貢献でき、地球資源も温存でき、環境にも優しい再生可能エネルギーの利用ができます。

変換効率もカギ

太陽光発電の仕組みは、太陽光パネルや太陽電池モジュールと呼ばれるシステムに太陽光が当たることで発電します。
日照量の確保が必要なため、太陽が当たる方向や角度などを調整して設置することがポイントです。

発電した電力は、直流といわれる状態のため、そのままでは使えません。
家庭で利用できる交流に変換するために、パワーコンディショナという機器を使って変換することが必要です。
変換する際にロスが生じるため、なるべく変換効率の高い高品質なパワーコンディショナを利用することがオススメです。
パワーコンディショナで変換された電気は、家庭の分電盤に接続され、家庭での自家消費をはじめ、余った電気を売電し、太陽光発電ができない夜間などは、自動的に電気を買うという仕組みが作られます。

小規模から大規模まで幅広く発電してビジネスにも活用できる

太陽光発電は家庭の屋根での発電をはじめ、ビルやマンションの屋上など広いスペースや、農地や空き地、メガソーラーなどの発電所を設置するなど、太陽が当たる場所ならどこでも、発電することが可能です。
ビジネスとしても活用されており、発電を行うための屋根貸しビジネスや、太陽光パネルの下で農業を営むなど、農業と売電の両立や、発電した電気をビニールハウスの保温などに活用してランニングコストを抑えている農家などもあります。
家庭でも、使いきれない余剰分を売電することが可能です。

太陽光発電でつくられた電気は、蓄電池などの設備がないと溜めておけません。
基本的に発電と同時同量で消費するため、使いきれない電力を無駄にしないためにも、電力会社に売電するのがよいでしょう。
売電収入が得られるだけでなく、地域に再生可能エネルギーを供給でき、環境保護に貢献できるからです。

夜間や雨の日はどうするか

曇りの日や雪の日でも、わずかな光が到達することで発電は可能です。
ただし、よく晴れた日に比べると、発電量は落ちます。
また、雨の日や夜間など太陽が出ていないときは、発電されません。

こういった場合、どうするかというと、足りない電力量のみを電力会社から購入できます。
通常、太陽光発電を利用している方向けの料金プランが用意されていて、安価で夜間電力を購入することができます。
手動で切り替えなくても、太陽光発電で電気が得られないときには、自動的に必要な分だけを電力会社から買うため、無駄なく、費用を抑えて電気が買えるのもメリットです。

蓄電池を導入してより便利に

蓄電池を導入すれば、余剰電力を溜めることも可能です。
売電するのではなく、夜間などに使いたい、いざ、災害が起きたときに役立てたいという場合には、蓄電池も導入しましょう。

非常電源として利用可能

太陽光発電は太陽が出ていれば発電できるので、停電時や災害時などにも電気が使えます。

ただし、家庭で使える電気に変えるためのパワーコンディショナは電気で動く機器なので、停電し、ライフラインが途絶えると切り替えができなくなります。
こうした際に備えて、手動運転に切り替えられるようになっているのです。

いざというときに備え、パワーコンディショナを手動で使える自立運転用コンセント・非常用コンセントの使い方を、取り扱い説明書などで理解しておくことが大切です。